メニュー
検索

AM-EBT・AM-CRE

アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル

  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル1
  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル2
  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル3
  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル4
  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル5
アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル1 アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル2 アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル3 アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル4 アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル5
レーザー溶融法などの金属3Dプリンターによる「アディティブ・マニュファクチャリング(金属積層造形)」で形作られたものは、硬度が高く、切削代の変動が大きくなります。このアディティブ・マニュファクチャリング用エンドミルは、深切込みにも耐えうる3次元ネガ形状の刃先仕様と高硬度鋼加工に最適化した「DUROREYコーティング」との組み合わせにより、荒から仕上げ加工まで高能率に安定した加工を可能にします。また、切削代の大きな変動にも対応可能なため、肉盛り溶接面の加工にも有効です。

アディティブ・マニュファクチャリングとは

切削加工のように材料を取り除く加工(除去加工)に対して、金属3Dプリンターにより材料を添加する形の工法(付与加工)を「アディティブ・マニュファクチャリング」と言います。 3Dデータを活用することで短納期・低コストを可能にします。 アディティブ・マニュファクチャリングとは ※アディティブ・マニュファクチャリング( Additive Manufacturing )という名称は2009年にアメリカ試験材料協会(ASTM)により定められました。

特長

アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル 特長
  • 高硬度鋼加工に最適化された超耐熱性・高じん性のDUROREY(デューロレイ)コーティング
1 深切込みにも耐えうる強靭な3次元ネガ形状
2 長寿命・高能率化を考慮した多刃仕様のラジアスタイプ

対応

プリハードン鋼・調質鋼(~70HRC)・ステンレス鋼・コバルトクロム基・チタン合金・ニッケル基合金

ラインナップ

ボールタイプ(AM-EBT)

  • R1~R10

ラジアスタイプ(AM-CRE)

  • 6×R1~20×R3

加工事例

ステライドでの加工事例

ステライドでの加工事例
ステライドでの加工事例

カタログ・動画

動画

製品に対するご質問・ご相談にお応えします

ご購入についてはこちら

技術相談はこちら