メニュー
検索

製品をさがす

メールマガジン

2018年2月号 (第146号)
本文はこちら

技術の玉手箱 / 高硬度鋼加工でのタッ...

今回は、熱処理により硬さが30HRCを超える被削材(調質鋼ともいう)を例に挙げて、高硬度鋼加工でのタップ選定についてお話したいと思います。

高硬度鋼。その名の通り硬くて丈夫な金属ですので、金型・工具などの耐摩耗性が求められる製品などによく使われます。

このような硬い被削材には、タップでの加工において様々な難しい特性があります。最...

技術の玉手箱 / 高硬度鋼加工でのタップ選定のポイント

バックナンバー

※掲載内容はメールマガジン発刊時の情報ですのでご注意ください

2018年

2017年

2016年

  1. 1
  2.  
  3. 2

さらに過去の記事

メールマガジンの新規登録・退会はこちら