メニュー
検索

自動車産業

部品の改良に合わせて工具のニーズも変化する自動車産業

日本の製造業の基幹とも言える自動車産業。車1台あたり約3万点の部品があると言われています。それらは日々改良が進み必要とされる工具も変わりますが、オーエスジーは多様なラインナップと対応力で変化するニーズに応え続けます。

自動車産業

クランクシャフト

クランクシャフト

ピストンの上下運動を回転運動に変えるクランクシャフト。穴深さが穴径の20倍に達する深い油穴や、両端面へのめねじ加工など、タップやドリルの出番が多い部品です。

製品を見る閉じる

コネクティングロッド

コネクティングロッド

ピストンとクランクシャフトを結ぶ連結棒であるコネクティングロッド。ピストンの数と同数のコネクティングロッドが必要となります。クランクシャフト同様に、タップ、ドリルを中心とした多くのオーエスジー製品が使用されています。

製品を見る閉じる

ハブ

ハブ

車体と車輪をつなぐ役割を果たすハブ。一般の乗用車であれば4個のハブが必要となります。一部品あたりのめねじ数はコネクティングロッドよりも多いため、数多くのタップ、ドリルが使用されています。

製品を見る閉じる

ターボ

ターボ

エンジンの内燃効率と出力を増加させるターボ。そのハウジングは、高温に耐えるために耐熱性の高い材料が使用されますが、被削性が悪く、切削工具の寿命が課題となります。オーエスジーではタップによるめねじ加工を中心に、生産性を高めるトータルソリューションを提供いたします。

製品を見る閉じる

コモンレール

コモンレール

ディーゼルに用いられる燃料噴射システムであるコモンレール。様々な径や深さの穴加工やめねじ加工に加えて、おねじ加工があるのが特徴です。

製品を見る閉じる

CFRP

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)

航空機同様に乗用車においても軽量化のニーズは非常に強く、さらに、電動化(EV化)が進むとバッテリーによる重量増加を補う上でも車両ボディの軽量化は必須となります。そのため、軽くて強度の高いCFRP (炭素繊維強化プラスチック)の適用が加速しています。オーエスジーでは航空機で培ったノウハウをもとに、ベストソリューションを提供します。

製品を見る閉じる

DIA-BNC

DIA-BNC

DIA-HBC4

DIA-HBC4

DIA-REC

DIA-REC

製品に対するご質問・ご相談にお応えします

ご購入についてはこちら

技術相談はこちら