OSG Royco, S.A. de C.V.
(メキシコ)駐在

サルバドル リベラ チェケル

サルバドル
リベラ チェケルRivera Chequer Salvador

2007〜2008:デザインセンター/設計開発職(タップ・ドリル)

2008〜2009:デザインセンター/設計開発職(ドリル)

2009~2010:第1製造部技術課/製造技術職

2010~現在:OSG Royco, S.A. de C.V.

海外勤務が決まった時の心境は?

メキシコは私の祖国で、日本には留学生として何年か暮らしました。海外勤務が決まった時は、日本を離れることの寂しさとメキシコに帰る嬉しさの両方がありました。日本の生活に慣れたいま、メキシコでの生活に改めて驚くことがあります。日本とメキシコには文化、風習に違いがあり、その違いを細かく見ると面白さもあります。メキシコは気候が良く、リゾート地があり、海、森、世界遺産など楽しい行き先がたくさんあります。

駐在先ではどんな仕事をしていますか?

サルバドル リベラ チェケル 設計部の管理をしながら、人を育成し、時々出張をして、新製品の販売拡張をしています。現地のコーティング部門も担当しており、その他にも営業活動、生産管理、製造、経理部、調達部、総務部、マーケティング部など、各部署を幅広く管理する立場です。

駐在先での仕事の一番のやりがいは?

サルバドル リベラ チェケル 予想していた結果が出ないこともあり、完成納期を変えずに計画を変更するなど、柔軟な対応を求められることが多いです。日本で学んだ文化や経験と違い、うまくコミュニケーションが取れないこともあるので、「きっと簡単だろう」と思っていると意外と大変です。しかし、毎日チャレンジがあり、面白い仕事が多いと感じます。

My Favorite Toolロングドリル(WDO−20Dなど)とTRS
ロングドリル(WDO−20Dなど)とTRSです。自分が設計を担当した工具のため、十分な知識があり、お客様に自信をもって提案できるので好きです。加工条件も覚えやすくて、立ち会いテストもよく行います。メキシコではまだまだシェアが低いため、この先多くのお客様に提案したいと思っています。