メニュー
検索

製品をさがす

環境データ

SDS(安全データシート)

SDS(GHS分類含む)は、「メディア・ダウンロード」の「技術情報」をご覧ください。

エネルギー使用量

2016年度の取り組みとして全社LED照明の切り替えを進めてきましたが、夏季の温度管理に伴う対応等でエネルギー使用量が増加しました。合わせて生産高が4%ダウンしたことにより生産高原単位は、2015年度比14%増加となりました。

事業所での再資源化の取り組み

二酸化炭素(CO2)排出量

CO2排出量の生産高原単位は、2015年に比べ生産原単位は、27%減少しました。要因は、生産高が4%減少し、CO2排出量が23%増加したことが影響いています。夏季が例年に比べ暑く、外気温上昇による冷房関連に係るもののCO2排出量が増加したことが影響しています。

二酸化炭素(CO2)排出量

廃棄物排出量

廃棄物の有価物化への取り組みを継続的に進めました。珪藻土、油泥等が増え廃棄物排出量が9%増加しましたが、有価売却できるものを増やす活動にて有価物比率を昨年度と比べ3%増加しました。

廃棄物排出量