メニュー
検索

製品価格検索

メールマガジン

2017年8月号 (第140号)
本文はこちら

技術の玉手箱 / 下穴深さ

タップ加工をする際には必ず下穴が必要になります。特に止まり穴のねじを加工するときには、タップが底につかないように、下穴はタップ加工深さより更に深く設定しなければなりません。では、どれぐらい深く下穴を開けておけば良いでしょうか? そのためには、まずタップ加工深さを計算します。

例えば、HT(一般用ハンドタップ、食付き1.5P)のM6×1で、有効ね...

技術の玉手箱 / 下穴深さ

バックナンバー

※掲載内容はメールマガジン発刊時の情報ですのでご注意ください

2017年

2016年

2015年

  1. 1
  2.  
  3. 2

さらに過去の記事

メールマガジンの新規登録・退会はこちら